橋本歯科医院
歯科,金属アレルギー,小児歯科,歯科口腔外科

東京都台東区の歯科

03-5603-4337

東京都台東区根岸5-17-6
TSタシカ屋ビル2F

 

三ノ輪駅の橋本歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
初めての方はこちらのバナーをクリック
ネット予約は初めての方、急患用となっております。通院経験がある方は
03-5603-4337
からご予約下さい。

 

義歯

 正確には可撤性義歯といいます。いわゆる、取り外し式の入れ歯です。ブリッジは歯を削る量が多く、インプラントは顎の骨を削る必要があるのに対し、入れ歯(義歯)は歯をほとんど削らなくてよく、治療期間が短いという利点があります。一方で、異物感がある、ばね(クラスプ)が目立つといった、欠点があります。しかし、この欠点も下記の方法で軽減あるいは解消することが可能です。

【金属床義歯】
 保険の義歯が、床の部分をほとんどプラスティックで作るのに対し、金属床義歯では床の厚みや大きさが気になる部分を金属で製作します。金属を用いることにより強度が高まるので、厚みを薄くできる、幅や長さを小さくできる、といった利点があります。さらに、その強度からより長く使うことが可能となり、剛性が高いことから、プラスティックの義歯よりしっかり咬むことが可能です。ただし、やや重くなること、保険が利かないことが難点です。

【ノンクラスプ義歯】
最近では、入れ歯のばね(クラスプ)が見えて気になるという方が増えてきました。当院では、ノンクラスプ義歯を導入し、義歯の欠点の一つである見た目(審美性)の解消に取り組んでいます。右図のようにばねの部分を歯肉色の樹脂にすることにより、入れ歯と分からないようにすることができます。保険は利きませんが、保険の義歯と同じように裏打ちや修理が可能です。上記の金属床と組み合わせることで、より長く見た目の良い義歯を作ることができます。
 
▲Topヘ