橋本歯科医院
歯科,金属アレルギー,小児歯科,歯科口腔外科

東京都台東区の歯科

03-5603-4337

東京都台東区根岸5-17-6
TSタシカ屋ビル2F

 

三ノ輪駅の橋本歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
初めての方はこちらのバナーをクリック
ネット予約は初めての方、急患用となっております。通院経験がある方は
03-5603-4337
からご予約下さい。

 

診療案内

≪処置は気になったところから≫

 当院では、問診票にご記入いただいた後、来院のきっかけとなった症状への診断・処置を行います。この処置が一段落した後、お口の中全体を診査します。問診票にて、気になるところのみの治療を希望された患者さまにはその治療だけを行いますが、他に治療が必要な場所をお伝えすることがあります。

≪診断と治療方針の立案≫
 撮影したレントゲンや、歯周病検査などの診査結果をもとに治療方針を立てます。その説明を患者さまに行い、方針に従って治療を進めていきます。治療方針、治療内容でわからない点、心配な点がありましたら、いつでもご相談ください。また、治療を進めていく過程で、方針や手順に変更が生じることがあります。その場合は、その都度変更内容とその理由をご説明いたします。

≪気になる症状に適した治療法を≫
 当院では、まず治療法ありき、ではなく、症状を改善させるために何ができるかを考えていきます。一つの症状に複数の治療法があることも多いので、その都度、患者さまに合った方法を提案していくよう心がけています。
 当面、気になる症状に対する大まかな治療法を記します。当院で行う治療法は、今後少しずつ加えていく予定です。

症状と治療法

症状

虫歯の進行

≪歯が痛い≫
 歯の痛みは、主に、むし歯によるものと、歯周病など歯周組織に起因するものとがあります。むし歯が神経(歯髄)まで達していない場合は、神経を保護し痛みを取った後、詰めたり(充填処置)被せたり(歯冠修復)します。むし歯が神経に達していたり、すでに神経が死んでいる場合は、歯の根っこの治療(根管治療)を行います。根管治療は、症状の程度によりますが数回かかります。その後、充填処置や修復処置を行います。
 歯周病が原因の場合は、後述の歯周治療を行います。その他、歯が割れていたり、かみ合わせの負担が強すぎるときなどに、歯が痛むことがあります。

≪歯がしみる≫
 歯がしみたり、ピリッと来るときは、知覚過敏やむし歯が疑われます。知覚過敏は、主に、歯が削れて象牙質がでてきたために、象牙質の中の神経線維が刺激されることによって生じます。知覚過敏には、症状を抑える薬を塗ったり、材料を詰めたりします。知覚過敏が進行すると、神経(歯髄)をとらなければならないこともあるので、気になったら早めの来院が大切です。また、むし歯が原因で歯がしみることも多いです。この場合は、上述の充填処置や、修復処置を行います。

≪歯肉が痛い、腫れた≫

 これらの歯肉の症状は、歯周病によるものと、むし歯の進行によって生じる根っこの先端の炎症(根尖性歯周炎)が多いです。前者は歯周治療を行い、後者は既述の根管治療を行います。
 その他、義歯の床が当たっていたり、歯の根が割れたり(歯根破折)、親知らずのように埋まった歯(埋伏歯)が原因となって、歯肉の腫れや痛みが生じることがあります。義歯が原因のときは、義歯の修理調整を行います。歯根破折や埋伏歯が原因のときは、炎症を飲み薬で抑えてから抜歯することが多いです。

≪歯がないために咬めない≫
 歯がない部分が1本だけだったり、かみ合わせを担う歯が十分残っているときは、固定式の冠(ブリッジ)で補います。歯がない部分が最後方だったり、ブリッジの支えとなる歯が少ないときは、取り外し式の入れ歯(いわゆる義歯)によって補います。ブリッジの利点は装着感が良好で、よくかめることです。欠点は、たくさん歯を削らなくてはならないことです。取り外し式の義歯は歯を削るのが少ないことが利点ですが、装着時の異物感が大きかったりい、咬む力がブリッジや天然歯に比べて弱い、ばねの見た目が気になる、などが挙げられます。ただし、ばねの見た目については、ノンクラスプ義歯によって改善できることがあります。また、義歯の合い具合が悪いと、ばねのかかっている歯を痛めることがあり、定期的な義歯調整が大切です。
 また、ブリッジのために歯を削りたくない、入れ歯を避けたいといった場合に、インプラントを行うこともあります。

≪歯の色が悪い、歯の見た目が悪い≫ 

 歯の見た目は、歯並びによるものと、歯の形態によるものがあります。歯並びがよくない場合、充填や歯冠修復によって補うこともありますが、矯正治療が必要なことが多いです。歯の形態がよくない場合、充填や歯冠修復で補います。後述のように方法や材料はさまざまです。
 歯の色は、まず、歯の表面のポリッシングを行います。必要に応じて、パウダーを高圧によって吹き付けたり(エアフロー)、後述のホワイトニングを行います。

≪あごの関節が痛い、口が開きにくい≫
 上記の症状に加え、口をあけたときにカクっと音がするような時は、顎関節症と考えられます。関節の音だけだと積極的な治療は行いませんが、痛みを伴うときは、薬の服用やマウスピース(スプリント)の装着で痛みを抑えていきます。スプリントは咬み合わせを安定させ、咬み合わせの高さを少し高くすることで顎関節の負担を和らげます。1か月を目安に、基本的に夜間装着します。
 口が開きにくいときは、手を用いて顎関節の可動性を改善させるよう誘導します(マニュピレーション)。その上で、ご自宅での開口訓練を指示します。

≪口が渇きやすい≫
 近年注目されている症状が、口の渇きです。ドライマウス症候群といわれています。原因は、シェーグレン症候群、薬物の副作用、放射線治療、糖尿病など様々で、不明な点も多いです。内服薬の変更や、よく咬む習慣をつける、唾液腺マッサージや唾液腺刺激運動の指導、保湿剤の利用など、原因除去療法と対症療法を併用します。
 

≪金属アレルギーがある≫
 金属そのものはアレルゲン(アレルギーの原因)になりませんが、溶け出して体由来の蛋白質と結合するとアレルギーを引き起こすことがあります1)。実際に、掌蹠膿疱症2)(図1)や扁平苔癬3)(図2)など、金属アレルギーが原因となりうる疾患があります。
 しかし、掌蹠膿疱症は病巣感染4)、扁平苔癬はC型肝炎5)など、他の原因によって発症している場合もあります。このように、気になる症状がお口の中の金属が原因で生じることは、そう多くはないかもしれません。私がこう思うのは、金属アレルギーは統計学的な調査6-8)はなされているものの、その発症機序や、疫学的な発症頻度が十分に明らかにされていないことがあるからです9)。
 大切なことは、皮膚科や口腔外科の先生と連携をとりながら、金属アレルギーが関与しうる病気なのか、金属アレルギーがあるのか、ある場合口の中の金属が関与しうるのか、を適切に診断することです10)。そして、口の中の金属が関与しうる場合、歯科治療は金属アレルギーに対する原則にのっとりながらも、そのメリットとデメリットを勘案しながら適切な材料を用いて行っていくことです。当院では、患者様が不安に思われることも十分に説明しながら診断治療を行っていきますので、お気軽にご相談ください。
掌蹠膿疱症(図1)掌蹠膿疱症
扁平苔癬(図2)扁平苔癬

【参考文献】
1) 野村修一,橋本明彦:歯科金属アレルギーの臨床.新潟歯学会誌,34: 1-10, 2004.
2) 中山秀夫,村田真道,中野直也,他:金属アレルギーの観点から検討した掌蹠膿疱症.皮膚臨床,16(5): 313-329, 1974.
3) 中山秀夫,大城晶子,佐藤重臣,他:歯科金属アレルギーによると思われる扁平苔癬の2例について.耳鼻咽喉科,44: 239-247, 1972.
4) 山本洋子, 橋本明彦, 冨樫きょう子,他:掌蹠膿疱症における歯性病巣治療の有効性について.日本皮膚科学会雑誌,111: 821-826, 2001.
5) 清水純子,伊藤明子,橋本明彦,他:新潟大学皮膚科における10年間の扁平苔癬症例のまとめ;特に歯科金属との関連について.日本皮膚科学会雑誌,114: 1277-1282, 2004.
6) 橋本明彦,我田 健,西澤泰朋,他:歯科金属アレルギーが疑われる症例の臨床統計学的検討.新潟歯学会誌,26(1): 39-49, 1996.
7) 藤井弘之:金属アレルギーと歯科臨床.日本歯科医師会雑誌,49: 6-16, 1996.
8) 埴 英郎,益田高行,廣原英樹:歯科アレルギー外来受診者の実態.GPのための金属アレルギー臨床,井上昌幸(監),62-69頁,デンタルダイヤモンド社,東京,2003.
9) 橋本明彦,小林康子,木暮城二,他:歯科金属アレルギーの治療の実際と最近の考え方.歯界展望,100: 157-164, 2002.
10) 野村修一(橋本明彦,山本洋子他協力):歯科金属アレルギーの診断と臨床.日本歯科医師会生涯研修ライブラリー(DVD)内容紹介,0404: 13-15, 2004.