橋本歯科医院
歯科,金属アレルギー,小児歯科,歯科口腔外科

東京都台東区の歯科

03-5603-4337

東京都台東区根岸5-17-6
TSタシカ屋ビル2F

 

三ノ輪駅の橋本歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
初めての方はこちらのバナーをクリック
ネット予約は初めての方、急患用となっております。通院経験がある方は
03-5603-4337
からご予約下さい。

 

充填・歯冠修復


≪充填≫
 通常プラスティック(コンポジットレジン)の充填を指します。歯の色をしているので目立ちにくく、保険がきくので安価です。前歯や小臼歯のむし歯に詰める処置として行われます。その他、歯と歯の間の隙間を埋めるときや歯の形態を修正するときにも用います。後述のインレー充填と比べ、歯を削る量が少なく、見た目もよいのですが、長期的に変色しやすい、脱落・摩耗しやすいなどの欠点があります。
 その他の材料として鋳造した金属を詰めるインレー充填があります。臼歯の力のかかるところに適しています。レジンと比べて平均耐用年数は長いですが、金属色なので見た目に劣ります。インレーには金属の他にセラミック系の材料を用いることがあり、見た目に優れますが、自費診療なので高価なのが難点です。

≪歯冠修復≫
 主に、冠をかぶせる方法です。削る範囲によって、4/5冠やラミネートべニア等も含まれます。

【金属冠】
 金銀パラジウム合金を用いた冠は臼歯部では保険が利きます。最近はあまり見られませんが、前歯部で用いると保険がきかなくなります。金合金は合い具合も良く、金属味もないので良い材料です。いずれの場所に用いても保険が利きません。

【硬質レジン前装冠】
 金属冠のおもて面に硬いレジンを盛り上げて、見た目を良くした冠です。前歯では金銀パラジウム合金を用いたものは保険が利きます。レジン系の材料なので、セラミック系の材料と比べると、色合いが不透明な感じ、変色しやすい、すり減りやすいなどの欠点があります。

【硬質レジンジャケット冠】
 硬質レジンだけで製作した冠。前装冠と異なり金属の裏打ちがないのでより見た目に優れます。ただし、強度が弱いのでやや壊れやすい欠点があります。小臼歯では保険が利きますが、大臼歯では保険が利きません。


【ポーセレン焼付金属冠】
 ポーセレン=陶材(セラミック)を金属冠のオモテ面に焼き付けた冠。セラミックは色が自然で、変色しにくい、すり減りにくい、などの利点があります。保険が利かず高価です。
【オールセラミック冠】
 セラミックだけで製作した冠。焼付金属冠と比べると見た目はより自然。材質(アルミナ系、ジルコニア系など)によって、強度と製作費に違いがあります。強度向上のため十分な材質の厚みがあることが望ましいです。このため、歯を削る量は他の方法よりやや多くなります。

【ハイブリッドセラミクス前装冠】
 硬質レジンとセラミックの性質の中間的な性質の材料がハイブリッドセラミクスです。前歯部に用いても保険は利かないですが、治療費も両者の中間的存在の材料の前装冠です。

【ラミネートべニア】
 上記の修復物はすべて被せるタイプですが、これは前歯のオモテ面(唇側)のエナメル質を0.5mm程削って、シェル状の修復物を接着剤で張り付ます。材料は主にポーセレンを用い、保険は利きません。変色した歯や、先天的に小さい歯(矮小歯)などに張り付け、見た目を補うことを目的とした方法です。冠タイプのものより、歯を削る量が少ないのが利点です。

 

▲Topヘ